成年後見制度

成年後見制度は、認知症の方、知的障害のある方、精神障害のある方など、判断能力の不十分な方々を保護、支援するための国の制度です。

お困りではありませんか?

成年後見制度 お困りではありませんか?

NPO法人四つ葉のクローバー協会は、協力事務所等から任意後見人を推篤いたします。任意後見人の仕事には、裁判所への報告等、煩雑な業務が多い為、一般の方がご自身の生活と両立させるのは困難です。そういう意味で法律専門家からなる協力事務所に任せれば、安心といえます。また、ケースに応じて、NPO法人四つ葉のクローバー協会も協力事務所とともに複数後見人になります。

成年後見制度について

成年後見制度は、認知症の方、知的障害のある方、精神障害のある方など、判断能力の不十分な方々を保護、支援するための国の制度です。後見には「法定後見」と「任意後見」の2種類があります。後見人は、身上監護についての契約、財産の保全・管理、法律行為を後見します。どのような後見を受けるかは、ご本人が選ぶことができます。後見人の仕事は、家庭裁判所により選任される「後見監督人」によりチェックされるため、安心して制度を利用することができます。

  • 法定後見 すでに判断力がない方のための後見。費用は辞職とその他の事情で家庭裁判所が決め、本人の財産の中から支払われます。
  • 任意後見 本人が判断力のあるうちに、代理人(任意後見人)を定め、自分の判断力が不十分になった場合に備え、「任意後見契約」をあらかじめ結んでおく後見。費用は契約内容や、依頼する側の事情で決められます。

四つ葉のクローバー協会における成年後見について

任意後見制度は、判断能力の低下があってはじめて機能します。しかし、実際には、判断能力の低下は徐々に起こってくるものであり、日頃からの確認作業が必要です。また、任意後見には死後の処理は含まれません。 NPO法人四つ葉のクローバー協会では、日頃の確認作業や死後の処理を行うプランも用意しておりますので、これらと組み合わせることにより、任意後見を一層充実したものとすることが可能です。当然、内容も自由に決めることが出来ますし、途中で変更することも可能です。

任意後見人は信頼できるの?

家庭裁判所により選任される「後見監督人」により後見人の仕事がチェックされるので、安心して依頼することができます。

任意後見の契約プラン例はこちらから

ご相談・資料請求・ご契約に関するお問い合わせはこちらから

ページの先頭へ