ひとりぼっちにさせません。身元保証・連帯保証支援

身寄りのない私が、高齢者住宅へ入居。きちんと身元保証をしてもらえました。

身元保証・連帯保証について

身内や身寄りのない(子どもがいない)高齢者・生活保護者、家族と疎遠になってしまった方のため、高齢者住宅や有料老人ホームなどの福祉施設への入居、病院への入院の際の、身元保証・連帯保証をします。高齢者・生活保護者の方が施設や高齢者住宅に入居したり、病院に入院したりする際には「身元保証・連帯保証人」が必要です。身寄りがいない、身寄りはいるが遠方であったり、頼りたくないといった高齢者や生活保護者にとっては、それが大きな壁となります。NPO法人四つ葉のクローバー協会では、こういった高齢者・生活保護者の身元保証・連帯保証人となり安心のシニアライフを支えます。

終身で何度でも身元保証・連帯保証いたします。

  • 病院への入院・転院
  • 高齢者住宅などへの入居
  • 福祉施設への入居

金銭面の補償、緊急対応いたします。

  • 医療費の滞納 治療の同意 遺体の引き取り
  • 家賃の滞納・返還
  • 施設費の滞納 緊急対応

保証人が必要な理由

家賃や医療費の滞納があった時やもしもの時に、保証人がいなければ対応できないため、保証人は必要になります。

「個人」から「法人」の保証人へ

保証人が個人である場合、その方が高齢で先に亡くなられたり、引っ越して遠方に行かれる等の可能性があります。つまり、実質的に無保証状態と同じ、形式的な保証人になってしまう可能性があります。また、少子高齢化の中で、身元保証人をお願いする側も、引き受ける側も、大変困難な時代を迎えています。こうした問題を解決する仕組みとして、法人による身元保証人引受制度が導入されるようになりました。これにより身元保証の継続性が確保されるため、より安定した仕組みとして、多くのケースで利用が広がっています。

ページの先頭へ