支援内容について

高齢者・生活保護者の方が施設や高齢者住宅に入居したり、病院に入院したりする際には「身元保証・連帯保証人」が必要となります。しかし、身寄りがいない、身寄りはいるが遠方であったり、頼りたくないといった事情のある高齢者や生活保護者にとっては、入居・入院にあたりそれが大きな壁となります。そこで、身内や身寄りのない(子どもがいない)方や、家族と疎遠になってしまった方のため、一般社団法人四つ葉のクローバー協会が、高齢者住宅や有料老人ホームなどの福祉施設への入居、病院への入院の際の、身元保証・連帯保証をします。
また、入居・入院の際の金銭管理や相続・遺言に関するサポート、葬儀・納骨・遺品整理等の手続きや、日常生活・万が一のトラブルが発生した際に生活を支援するサービスも合わせて行っています。高齢者の方々が、幸せな生活を送るために様々な場面で支えることが一般社団法人四つ葉のクローバー協会の役割です。

身元保証・連帯保証支援

身元保証・連帯保証支援

身寄りがいない高齢者や、家族に迷惑をかけたくないという方による高齢者住宅・施設への入居、病院への入院の際の身元保証、連帯保証をいたします。

葬儀・納骨・遺品整理

葬儀・納骨・遺品整理

葬儀・納骨の手配を行います。葬儀は喪主を務め営むほか、ご家族への連絡も取ります。ご納骨の際には責任を持ってご供養をいたします。また、病院・施設・ご自宅の遺品整理等の処分もいたします(別料金)。

金銭管理・相続・遺言

金銭管理・相続・遺言

入居・入院の際に、金銭等を協力事務所(弁護士・司法書士等)がお預かりし、会員様に代わって支払手続等を行います。当協会はその内容を確認し、会員様にご報告いたします。また、相続・遺言等に関してご相談される際にも同席いたします(別料金)。

生活支援サービス

生活支援サービス

入居契約、入院手続き、施設・病院との協議、緊急時の駆けつけ等の総合的なサポートを行うだけでなく、手術等の立ち会いもいたします。

料金について

ご存知ですか?「後見人」と「身元保証人」の違いご存知ですか?「後見人」と「身元保証人」の違い

高齢者を支える役割として、「成年後見人」と「身元保証人(身元引受人・保証人)」があります。
しかし、その意味合いや役割の違いについては、一般の方のみならず、介護事業に携わる方でも混同しがちで、
その多くは「身元保証人」のことも含めて「後見人」と呼ぶケースが目立ちます。

「成年後見人」は、高齢者ご本人が認知症などになり、判断能力が失われた時に立てられるケース(法定後見人)と、
資金に余裕のある人が事前に相続・遺言に関する取り決めを行い、
判断能力がなくなった時点で全てを任せるケースがあります(任意後見人)。
いずれにせよ、財産管理を行うのが役割であり、
高齢者ご本人の身に何かが起こった際の緊急対応を求めるには現実的な相手とは言えません。

高齢者の方々が実際に入居・入院するにあたって必要なのは、「身元保証人」です。
また、入居・入院時の保証だけではなく、死去後に関する諸手続きなどを行うのも、
「身元保証人」が務めるべき役割です。

四つ葉のクローバー協会では、
書類にお印をするだけでなく、常に家族のように接する身元保証人であることを目指しています。
金銭的に関することも、すべて協力事務所による管理の元、私たちがそれをチェックし、
実際に後見人が必要な状態になれば、その手配を行うことも可能です。

入居・入院を控えたあなたに今、必要なのは後見人ではなく身元保証人。
身寄りがない生活に不安を抱えていらっしゃる高齢者の方は、
四つ葉のクローバー協会にすべてお任せください。